Swing Heaven

Diary about "Aebulay Zzja"
and the other by "YOZO"
 |Aebulay Zzja オフィシャル関東アマチュアビッグバンドJAZZ音楽祭メンバー募集アエブレイメンバーONLY
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ベースの修理
まんどくさいけど、出なかった音が出るようになるから、
やり甲斐はでかい。でも何でこんな所が断線するんだよ?

11:45 | ギター | comments(0) | trackbacks(0)
弦しゃきっ!
ベースの弦を張り替えた。
以前ここで書いたように、ホントに嫌いな作業なのだが、
そろそろ死に方がハンパじゃなくなってきたので、渋々。
メインのTUNE5弦は恐ろしくネックが強固なため、
チューニングが安定しきってる。弦が死んでもあまり音程に影響が
出ないので、つい放置してまうねん。はいはいごめんなさい。
お値段も5弦の場合弦が最低4千円くらいはするから、ギターの
ようにお手軽とは言えない。



昨日の練習で試して、
・・・・・・・・・・!!!!!!!!
別の楽器だ!
音の腰や立ち上がりが!

反省しますた。
一体いつから替えてなかったのか。
去年の秋に替えたような気でいたんだけど、
実はサニーカイトの前?それとも約2年前の、別バンド
「ホルモン」がらみの結婚パーティーライブの前?

最近は、がっちゃんのトラで腰掛けとかそんなんばっかりだし、
ほんとにベーシストとしてベース弾く機会がないが、べつに
ベーシスト廃業したつもりもないし、もうちょっと何とかせねば。

メインがこのざまで、セカンドのフェンダーはたけさんに永久貸与、
サードのジャズベは回路の故障で音が出ず、半田付けで治さねば
ならない状態。

かさねて、反省しますた。

しっかし、ベースのトラ、応募こねえよ!!
@JAZZ上げなおしたのに!!
がっちゃんしばらく忙しいし、本番は次々容赦なく来るし、
俺はギター弾きたいし!!
求む!!マジで。
11:53 | ギター | comments(2) | trackbacks(6)
マイナーチェンジ

この10日ほど、練習出来てない。
これからやるけど。7月はギター弾こうっと。

ピックガードがついて、ブリッジもナッシュビルタイプの
金属に変更。本番に供して、強みも弱点も分かってきた。
23:48 | ギター | comments(3) | trackbacks(0)
HEY! HEY! HEY!

コラ矢井田。オレと色以外全く同じギター使うな。
まぁヤイコ、スゲーギター好きらしいから許す。
20:35 | ギター | comments(5) | trackbacks(0)
煩悩、というかわりとマジな悩み
やばい・・・。
密かに探し続ける、メインのFROG以外に、バリバリジャズ
路線の時のギター候補、強力な新星登場。

ギブソンES-125TDC。生まれた年の産のオールドギター。
軽くて、持ちやすくて、好きなP−90ピックアップで、
本格的オールドフルアコサウンドとのこと。
オールドとしては破格の値段だし、実戦で使えるように、
ネックまわりやペグやら全部手を入れているらしい・・・。

やばい・・・。
最近あまりにも出番のない陳さん手放して、マジ考えるか。
でも、この機種がすごく良い事が分かっただけでも
収穫だから、もう少し捜してもいいかな。
20:15 | ギター | comments(2) | trackbacks(0)
大正琴

友人宅で発見。


しばらくいじくってたのだが、チューニングの理屈や、どうやって
音を伸ばしてるのか、とにかくワカラン事だらけの楽器だった。
おまえ、大正琴とか言って、大正時代からは存在してねえだろ??
とか、逆ギレ気味にイチャモン付けてみたり。

青い山脈とかでフィーチャーしたら、盛り上がりそうだけどな。
あ、ちょっとその気になったりして・・・。
22:37 | ギター | comments(4) | trackbacks(0)
愛器紹介2
ギターに戻るつう事で、久々にギターネタ。
以前書いて、上げ忘れてたネタなんだけどw

さぁてと、メンバーは誰も読んでないギターシリーズじゃ。
ガールズたちの意見を総合すると、「何が書いてあるか、
日本語のはずだけど、さっぱりわかんない」そうだ。

1月にも軽くやったけど、最近それぞれの個性がよく見えて来た
ところで、ふたたび愛器紹介。


1.レスポールスペシャルDC

これが現在のメインギター。3月頃まで使用していたものと、
傍目で見ると色から何からほとんど区別がつかないのだが、
実は別もので、以前のものはこいつとトーナメントの結果すでに手放した。
今度のものはピックアップがP−100でなくてP−90。
なので、こっちの方がいくぶん丸くて太い音色。
フレット音程もこちらの方がかなりしっかりしていて、安心して弾ける。
あとどうでもいいけど、ギブソン創立100周年記念・世界限定100本モデル。
何が違うかは不明。多少いいパーツが使ってあるような気がする。
ペグをGOTOHの金属ボタンのクルーソンタイプに交換(これだけで恐ろしく
チューニングが安定する)、コンデンサーをOrange Dropに交換(恥ずかしながら
違いがよくわからなかった。トーンカーブが実用的になったかな?)
P−90とマホガニー単板との組み合わせは単音が太弦ぽくどーんと太く
鳴り、メロウな響きもいけるので、ソリッドのくせに結構
ビッグバンドにも対応出来ている。どこまでやれるかそれもチャレンジ。

2.レスポールジュニアスペシャルDC

理想のレスポールスペシャルDCを探し求めるトーナメントの途中で、不戦勝で
生き残ってしまった鬼っ子ギター。メインの伴侶ギターとしての評価軸の外なのに
どうしても手放せなかった1本。 アエブレイで手にするのは基本的に非常用のみで、
音色は古いジャズには全く不向き。ほとんどムリ。

このルックス、マホガニーの木色そのままみたいなブラウンや、ネックのポジション
マークなど、日本には正式に輸入されていない相当レアなタイプ。
なぜ日本に入ってないかと言うと、このシリーズぶっちゃけギブソンの中では
下から何番目みたいな安物のラインだからと思われる。でも仮に正規輸入して
正札下げたらやっぱ10万以上なのかな。
ところが! このギター音色が凄く好きで、ギターポップや、ブリティッシュビート
のジャキジャキしたクランチサウンドでコードかきむしると、異常に気持ちいい。
あとは今まで所有したギターの中で、たぶん最もフレット音程がしっかりしている。
とどめにこのルックス。で、手放せなくなってしまった。
ピックアップはP−100だけど(これ確認する時いちいち中ばらすのが大変マンドクサイ)
このギターには、ジャキジャキ感があきらかにP−90よりマッチしている。
回路とか、ものすげー安物のパーツが使ってあるって石橋楽器のリペアの人が教えて
くれたので、トーンが実戦で使えるように、コンデンサーやポットを交換したいと思
うのだが、基本の音が変わってしまうのが怖くて、出来ずにいる。コンデンサーだけ
自分で試してみっか。
あと、近日中にピックガードを、特注で作ってもらった赤ベッコウ柄に交換予定。
(交換したのが最初の写真)

3.リミテッドSGクラシック

まあこれも、理想の一本トーナメント外には違いないが、ロックで気合い入れて歪ま
せて弾く時用。何年か前にギブソン総代理店の山野楽器が、日本限定で復活少量販売
したもの。今はなんだか人気が出て来て再生産、また普通に買えるはず。
ところが実は、メインのDCよりも、アエブレイっぽい音は出しやすい。
今12フレット付近以上がもの凄い音痴なので、要調整。
重量は3.3Kgくらいだと思う。軽くてらくちんなんだよなー。
P−90と薄いSGのボディで、まさに中音を強調した太い音。歪ませるとAC/DCごっこ
が簡単に出来る。高くてブライトな音は苦手。そのかわり、シングルノートでソロを
弾いたりすると、音の野太さに力量をカバーしてもらってる感じする時あるw
最近あんまり弾いてやってないな。ネック調整出すかな。
(後日談ー最近弦張り替えた時にオクターブ調整やり直したら、フレット音痴が
見事に治って絶好調。ベース練習しながらも、一番弾いてるw)

ひとつ、誤解を避けるために言うけど、別に限定もの・レア好きではない。
興味ない。たまたま欲しくて手に入れたギターが珍しく3本そういう類いだったの。

しかし何で、ギター弾きは自分の愛器紹介やりたがるんだろみんな。
ググると、そんな記事がわーんさかヒットする。
ギター弾き楽器フェチが多いんだろうなー。実際楽しいし、こういう風に書いてると。
ギターの腕はまだまだでも、こういうジャンルで語る事は山ほどあるわ。ヲタ??

23:59 | ギター | comments(2) | trackbacks(3)
冷静さという事
うぉー、変な時間に目が覚めちゃったから、更新する。
今日は練習お疲れ。東京ブギ、いい感じに仕上がりそうで
よかった。いきなりジャズっぽくない世界に行くかなと
思っていたら余計な心配だったようで、思いっきり
JAZZYでBOOGIE。あの曲弾いてるとなんか燃えてくるわ。


さて、関係ない話だけど・・・。
先日何気なく、YAHOO!オークションを見てたら、我が愛用の
ギブソンレスポールスペシャル/ジュニア系の大特集を
掲載したギターマガジンのバックナンバーが出品されてた。


よし!落とす!鼻息全開。

ところが、これが競ったんだ。対抗馬が出たの。
そいつがえらい熱くなり、オレも熱くなり、
終了時間にオレが手当てできない状態だったから、
2,600円でライバルが落札。負け。
しかし、定価の4倍近くかよ・・・。

翌日、ちょっと冷静に考えた。
待てよ、もしかして・・・。

版元のサイトでバックナンバー通販を探し、簡単に見つかった。
さっさと申し込み、2日後には届いた。
代金送料入れて1、000円ちょっと。

一応こういうの、試合に負けて勝負に勝ったというのだろうか。
生きていくには、冷静な局面も必要だな。
03:04 | ギター | comments(3) | trackbacks(2)
リズムギター
リズムギターの地味さ加減と、でもその裏に潜む快感。
これがジャズで弾くギターの、大きなポイント。
ロックにもある境地だけど、jazzの方がもっとはっきりしてる。
ギター駆け出しだから、いろんな事もやりたいわけだが、
それはそれ。

WEBでフレディ・グリーンの事を調べていたら、
なんか、オレの心情を的確に述べてくれているサイトを発見した。
ココ(たまたまswing girlsネタでもある)
00:37 | ギター | comments(2) | trackbacks(0)
ギブソン好き(3)
この項こんな長くなるとは・・・(呆)
きっとうちのメンバー、誰ひとり読んでねぇな(爆)

さて、1回目に登場したギブソン・レスポール・スタンダードというギターは
電気ギターを代表する顔として、ありとあらゆるプレイヤーに愛され、君臨して
いるが、ヨーゾーはとっくに売り払い、所有してない。
その優等生的な音に飽きてしまい(偉そう)、いまのメインギターに行き着いた。
ちょいピンボケだ・・。

マホガニーワンピースボディの中音域の豊かさと、P−90ピックアップ(まさに
スゥイングジャズ全盛の、第二次大戦中に実用化された古株・今だに人気高し)
のコンビが作る音が、バンドの音に溶けた時に、いいバランスになる気がするの。
ロックする時はやんちゃな感じが好きだし。

古めのジャズで使うギターではないけれど、理想のハコ(セミアコ)ギターを
入手するまで、これがアエブレイでもメイン。
もっとも、ハコギターも結局ギブソンになる確率高し※だが。

※ジャズギタリストのギブソン使用率は異常に高い。(特にハコのES-○○○)
 ギターって、バカみたいにメーカー数が多くユーザも多いのに、
 先日の音楽祭、ギタリスト3人ともギブソンだったし。

おわり
23:00 | ギター | comments(0) | trackbacks(0)